人妻无码AV中文系列久久

| RSS訂閱 圖片
 
 
圖標  當前位置: 首頁 » 日語學習 » 日語詞匯 » 正文

有趣的日語歇后語

放大字體  縮小字體 發布日期:2012-04-26  瀏覽次數:1347
阿Q挨打 忘得快                            阿Qはどつかれても→すぐ忘れる
愛克斯光照人 看透了你               X線で人を照らす→君の心底見え透いている
八十歲考狀元 人老心不老           80になってなお科挙の試験を受ける→年はとっても気持ちは若い
八仙過海 各顯其能                       8仙人(日本では七福神)が海を渡る→それぞれが腕前を競う
巴掌穿鞋 行不通                           手の平で靴をはく→通らない→実行できない
拔苗助長 好心辦壞事                   はやく大きくなれと苗を引っ張って抜いてしまう→恩がかえって仇になる。よかれと思ってしたことなのに
班門弄斧 充內行(=獻丑)          専門家の前で蕓を披露する→釈迦に説法(=お粗末ながら)
半路出家 從頭學起                       中途から出家する→頭(剃髪)から勉強する
薄冰上走路 提心吊膽                   薄氷の上を歩く→おっかなびっくり。びくびくもの
背水作戰 不留后路                       背水の陣→後がない
閉著眼睛趟河 聽天由命               目を閉じて川を渡る→運を天にまかせる
病入膏肓 不可救藥(沒法治)      病膏肓に入る→救いようがない。つける薬がない
菜刀切豆腐 不費勁                       包丁で豆腐を切る→力は要らない
敞開窗子 說亮話                           窓を全開して→何もかも率直に話をする
城門失火 池魚遭殃(殃及池魚)             城門の火事→池の魚がとばっちり
吃不了 兜著走                                食べきれない→包んで持ってかえる
出頭的釘子 先挨打                        頭の出た釘→最初に打たれる
初生的牛犢 不怕虎                        生まれたばかりの子牛→怖いもの知らず
春天的蜜蜂 閑不住                        春のミツバチ→暇になることがない
打魚的翻了船 傾家蕩產                漁師が船を引っくり返す→家財を傾ける。破産する
大姑娘上轎 明里哭,暗里笑           オールドミスの嫁入り→上っ面は涙、內心はほくそえみ
大海撈針 難                                    大海原で針さがし→難しい
大年初一吃餃子 沒外人                正月元旦に餃子を食べる→內輪のものばかり
蛋打雞飛 一場空                            卵は割るし鶏には逃げられる→あぶはち捕らず
刀子嘴豆腐心 嘴硬心軟(口惡心善)        鋭い口ぶり豆腐の心→口は悪いが心根は暖か
得隴望蜀 貪心不足                        隴を得て蜀を望む→欲張りすぎ
滴水穿石 不是一日之功                一滴一滴の水滴が石を穿つ→一日の功にあらず
丟了西瓜撿芝麻 因小失大            西瓜を捨てて胡麻を拾う→小事の為に大事を失う
冬天的筍子 出不了頭                    冬場の竹の子→頭角を表わせない
斷了線的風箏 身不由己(無牽無掛)        糸の切れた凧→體が思うに任せない(全くの勝手気まま)
對牛彈琴 白費勁                            牛に琴を弾いて聞かせる(馬の耳に念仏)→無駄骨折り
放出籠的鳥兒 遠走高飛                籠から飛び立った鳥→手元から空高く飛び去る
放虎歸山 后患無窮                        虎を放って山に返す→今後の災い盡きることなし
風前蠟燭 不長久                            風前のともしび→長くはもたない
干了的葫蘆 肚里空                        乾いた瓢簞→腹の中は空っぽ。腹ペコ
趕鴨子上架 有意作難                    アヒルを止まり木にとまらせる→無理難題の意地悪
高粱桿做扁擔 挑不起重擔           高粱の莖を天秤棒にする→重責は擔えない
隔岸觀火 幸災樂禍(袖手旁觀)     対岸の火事→他人の災難を見て喜ぶ(拱手傍観)
狗咬耗子 多管閑事                       犬が鼠に吠え立てる→要らぬお世話→余計なことに口を出す
古井里的蛤蟆 沒見過大世面       井の中の蛙→世間知らず
瓜田不納履,李下不整冠 避嫌      李下の冠瓜田の靴→疑われないように気をつける。君子危きに近よらず
滾水煮餃子 你不靠我,我不靠你     煮えたぎった湯で餃子を煮る→互いに寄り合わない(頼りにしない=孤軍奮闘)
過橋拆橋 斷了后路(忘了前情)        橋を渡り終えたあとその橋をばらしてしまう→前に受けた人情(恩)を忘れ縁をきってしまう
過年娶媳婦 雙喜臨門                      正月の嫁とり→おめでたが二つ一度にやってきた
海底撈針 往哪兒去找(枉費心機)    海底で針を捜す→何処を捜せというのか(無駄な努力)
耗子給貓拜年 拼命討好(送上門的口福)           鼠が貓に年賀の挨拶→命がけのご機嫌とり(相手の方から飛び込んできたうまい話)
后半夜做美夢 好景不長                  夜の明け方にすばらしい夢→長続きしないよい目
花木蘭從軍 女扮男裝                     木蘭の従軍→男裝の麗人(偽名を使っての代替)
花和尚 念不出真經來                    (水滸伝の「魯智深」のような)生臭坊主→まともなお経(腕前→技術)はよめない
畫蛇添足 多此一舉                         蛇に足をか描きくわえる→かえって余計なことをする(蛇足)
皇帝的女兒 不愁嫁                         皇帝の娘→嫁入り先の心配なし(ブランド商品なら販売先に困らない)
火上澆油 越燒越旺                         火に油を注ぐ→ますます燃え盛る
火燒眉毛 且顧眼前(迫在眉睫)       火が眉毛を焼く→焦眉之急(目先の事しか考えられない)
火燒屁股 坐不穩                             お尻に火がつく→じっとしておれない。落ち著いて座っておれない
機器人談戀愛 沒有感情                 ロボットの戀→感情(人情味)なし
機車的頭燈 只照別人,不照自己     機関車のヘッドライト→他人だけ照らして自分は照らさない
雞蛋碰石頭 不自量力                      卵が石にぶつかる→身の程知らず
甲魚咬人 死不松口                          すっぽんが人にかみつく→くらいついたら死んでも離さない
江山易改 本性難移                          山河の改造は容易いが→人の気持ちを移し変えるのは難しい
借花獻佛 順水人情                          人様の花で供養する→他人のふんどしで相撲をとる
進了港的船 遇不到什么風浪          入港した船舶→大した風波には會わない(もう後は大丈夫)
開封到洛陽 古都(咕嘟)古都(咕嘟)  開封から洛陽→ことこと。ぐつぐつ(擬聲語)
看病的先生 不請不來                      往診の先生→お願いしなければ來てくれない
口里含冰糖 嘴甜                              口に氷砂糖→口が甘い(耳觸りのよい言葉をいう)
夸嘴的商人 沒好貨法                      螺吹きの商人→よい物(者)なし
快刀斬亂麻 干凈利落                      快刀亂麻→すかっと爽やかな(問題解決)
狼吃東郭先生 恩將仇報                  狼が東郭先生を食い殺す→(助けてもらった)恩を仇で返す
老電線桿兒 掛的銜(線)越來越多    古い電柱→掛かっている線(=肩書き)は益々増える
老虎打架 沒人敢勸                          虎の喧嘩→怖がって誰も仲裁しない。觸らぬ神にたたりなし
老和尚念經 照本宣科(有氣無力,千篇一律)              年寄りのお坊さんの読むお経→お経の棒読み。融通がきかない
臨陣磨槍 趕不上了                         戦爭を控えて武器を磨く→泥縄。間に合わぬ
臨時抱佛腳 來不及                         葉わぬときの神頼み→それでは間に合わない
留得青山在 不怕沒柴燒                 木の茂った山(健全な體や組織)さえ殘っていれば→薪(再起)には困らない
劉備招親 弄假成真                         劉備玄徳の嫁とり→うそから出た誠
劉備遇到諸葛亮 如魚得水             劉備が諸葛孔明に出會う→魚が水を得たのと同じ。鬼に金棒
六月的天,孩子的臉 說變就變        六月の空模様と子供の顔色→あれっという間にすぐ変わる
魯班門前賣藝 班門弄斧                 魯班の家の前で蕓を披露→専門家の前で技能を見せびらかす(身の程知らず)
螺絲的肚子 心腸歪                         螺子くぎのお腹→ひねくれ捻じ曲がっている
駱駝進狗窩 有門無法入                 駱駝が犬小屋に入ろうとする→入り口はあるが入れない
落地的水銀 無孔不入                     地面に落ちた水銀→何処へでももぐりこむ
落花流水 有去無回                         流れに落ちた花→ただ去り行くのみ
落網的魚 無法脫身                         網にかかった魚→逃れようなし
麻布上繡花 不是料子(底子不行)   麻布に刺繍する→土臺の生地が駄目(基礎がなっていない)
碼頭上的吊車 能上能下                 波止場のクレーン→上がり下がり自在
螞蟻遷巢 絡繹不絕                         蟻さんの引越し→交通が頻繁で行列が長々と続く。長蛇の列
貓哭老鼠(耗子) 假慈悲                   貓が鼠の死をいたむ→心にもない慈悲心。にせの哀れみ。空涙
貓狗打架 世代冤家                          犬貓の喧嘩→前世からのかたき同士。犬猿の仲
沒熟的葡萄 酸溜溜                         熟していない葡萄→酸っぱいだけ
明碼實價 童叟無欺 正札売買→信用第一。       老人子供といえどもぼりはしない
拿著棍子叫狗 越叫越遠(白費口舌)                      棒を手にして犬を呼ぶ→呼べば呼ぶほど逃げて行く。ムダな努力はやめよう
泥菩薩過河 自身難保                      泥の菩薩が川を渡る→(本來人を助けるのが身上だが)自分の身さえ危うい
逆水行舟 不進則退                          流れに逆らって船を進める→進まなければ後退あるのみ
牛郎會織女 一年一次                      牽牛と織姫の出會い→一年に一度の出會い
迫擊跑打蚊子 小題大作                  迫撃砲で蚊を砲撃する→一寸したことに大騒ぎする。針小棒大
皮球挨錐子 泄了氣                          ゴム毬が錐にやられる→気が抜けてぺちゃんこになる(やる気を失う)
剖腹藏珍珠 愛財不愛命                  お腹を切って真珠を隠す→財産が命より大切
棋盤上的英雄 紙上談兵                  碁盤上の英雄→機上の空論。畳の上の水練
棋盤上的卒子 只能進,不能退         將棋の「歩」→ただ前進あるのみ
起重機吊雞毛 不費吹灰之力          クレーンで鶏の羽毛を吊り上げる→お安いご用
砌墻的磚 后來居上                         煉瓦塀の煉瓦→後からのが上にのる
千里送鵝毛 禮輕人意重                 千里の道を鵞羽を贈る→高価ではないが気持は十分
前頭虎,后頭狼 進退兩難                前門の虎、後門の狼→進退極まる






0
 
 
[ 日語學習搜索 ]  [ ]  [ 告訴好友 ]  [ 打印本文 ]  [ 關閉窗口 ]  [ 返回頂部 ]

 

 
日本高中實用日語口語課程招生中!
 
詳情請進在線日語學習
在線日語學習培訓 中日網-日本留學網已經正式開始網上日語視頻教學。 學習對象:有著強烈日本留學意愿,日語零基礎或有初步基礎的初、高中、大學本科學生及其他日語學習者。 學習方式:網上一對一、一對二日語視頻教... 更多>>
 
2020年可以入讀的日本高中
 
推薦圖文
工學院大學附屬高中2018屆中國留學生入學考試通知
 
 
推薦日語學習
點擊排行
 
 
網站首頁 | 版權隱私 | 使用協議 | 聯系方式 | 關于我們 | 網站地圖 | 友情鏈接 | 網站留言 | 廣告服務 | 進入手機版 手機版
?2008-2018 日本留學網All Rights Reserved?
   


微信公眾號二維碼